競馬の3連単の勝ち方とは?必勝法と攻略法を徹底解説

競馬の3連単の勝ち方とは?必勝法と攻略法を徹底解説

競馬の馬券を購入している人は、ほぼ全員ができれば競馬の馬券でプラス収益にしたいと考えています。
馬券を買い続ければ大きく勝ちたいと思うようになり、最終的には3連単を購入することになるでしょう。

本記事では3連単という馬券の特徴と、3連単で勝つための必勝法・攻略法を解説します。

的中率が高い競馬予想サイト
グロリア

登録後、60日間全額ポイント返還保証キャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

グロリアの公式ページはこちら

3連単の特徴

3連単の特徴

3連単とは
1着から3着に入る馬を順番通り当てれば的中となる馬券。

同じように1着から3着までを当てる馬券には「3連複」がありますが、3連複は着順は問わない馬券で、1着から3着までに入着した馬さえ合っていれば的中となる点が3連単とは異なります。

3連単は当てるのがとても難しい馬券

3連単は当てるのがとても難しい馬券

実際に馬券を買ってみると分かりますが、1着から3着までに入る馬を当てるだけでもかなり大変です。
3連単はさらに着順まで要求してくるので、当てるのがとても難しい馬券となっています。

その分平均配当はとても高く、3連単は1日のうち何度も万馬券が飛び出すような馬券です。
テレビなどで競馬の中継を見ていると、そのことがよくわかるのではないでしょうか。

毎回当たるような馬券ではないことを認識しておく

毎回当たるような馬券ではないことを認識しておく

競馬で勝つためには馬券を当て続けることが最善の方法となります。
しかしながら、3連単で勝ち続けることを目標にしているのであれば、まず3連単は毎回当たるような馬券ではないということを認識しておいたほうがよいでしょう。

馬券で勝ち続けるためには資金管理も大切ですが、3連単を買い続ける場合は特に負けることも考慮しつつ、資金管理をしていくことが重要です。

3連単で勝つためにはとにかくレース選びが大事

3連単で勝つためにはとにかくレース選びが大事

これはどの馬券を買うときにも言えることではありますが、馬券を当てるためはレース選びがとても重要です。
レース選びが上手くいけば馬券は半分は的中したといっても過言ではないでしょう。

本項目では馬券を当てやすいレースかどうかを見極めるためのポイントについて解説するので、レース選びの参考にしてみてください。

基本は軸馬がすぐに見つかるレースで勝負

3連単は1着から3着に入る3頭を選ばなければいけません。
その3頭を選ぶのが難しいレースというのは馬券を当てるのもまた難しいレースだといえるでしょう。

一方、出走表を見て圧倒的に強いと思われる馬が1頭ないし2頭存在するのであれば、3頭のうち1頭はその強い馬が入ってくる可能性が高いでしょう。
逆らわずにその1頭を選べば、あとは残りの2頭の選択を誤らなければ馬券は的中するので、予想の難易度は大幅に下がります。

圧倒的に強い馬は馬券を的中させる際の中心となるため、「軸馬」と呼ばれています。
3連単を購入するのであれば、必ず軸馬をすぐに見つけられるレースを選ぶようにしましょう。

少頭数のレースのほうが当てやすい

競馬のレースは最大18頭立てでおこなわれますが、常に最大頭数でレースが開催されるわけではありません。

もともと出走頭数そのものが少ないレースもありますし、出走前にアクシデントなどで出走取り消しになり、少ない頭数でレースが開催することもあります。
3連単を本気で当てたいのであれば、できるだけ出走頭数の少ないレースを選ぶようにしてください。

たとえば、最大頭数である18頭立ての場合、全部で4,896通りも買い目があり、的中率はわずか0.02パーセントです。
しかしこれが10頭立てのレースになると720通りと一気に数が減り、的中率は0.13パーセントと一気に上昇します。

数字で見ると以下に出走頭数の差が的中率に影響するのかがわかるのではないでしょうか。

事前に決めたレース以外では絶対に勝負しない

馬券を購入して競馬を見ていると、脳内のアドレナリンの分泌量は多くなり、興奮状態になります。
特に実際に競馬場を訪れてレース観戦していると、的中しても的中しなくても、ほかのレースも買ってみようかなという気持ちがとても強くなります。

しかし、この気持ちのまま予定外のレースの馬券を購入するというのは典型的な負けパターンです。

3連単は、その場で適当に予想をして当たるようなものではありません。
案日も前から出走表をチェックし、過去のレースやほかの馬との相性をじっくり研究してはじめて的中する馬券です。

たとえ予想通りの馬券を的中させることに成功したとしても、事前に馬券を買うと決めているレース以外では絶対に馬券を買わないようにしましょう。

3連単で購入する馬の選び方

3連単で購入する馬の選び方

レース選びが終わったら、次は馬券を購入する馬を選ぶことになります。
3連単のみならず、馬券を購入するときに一番悩むのがこの馬券を購入する馬を選ぶときです。

馬の選び方は人によって様々ですが、本項目ではどのようなレースでも活用できる馬の選び方について解説していきます。

軸馬をまずは見つける

馬券を確実に当てる方法、それは「買い目を全部購入する事」です。
しかし3連単の馬券を全部購入すると、膨大な資金が必要になります。

仮に18頭立てのレースの買い目を全部購入すると、1点100円でも489,600円かかります。
このような買い方をしていては、たとえ当たっても馬券代のほうが配当金を大幅に上回るでしょう。

したがって、買う馬と買わない馬の取捨選択をしていくことになります。
3連単の場合買い方にもよりますが、まずは購入する馬券の主役となる「軸馬」を探すことから始めます。

軸馬はレース選びがきっちりしていれば、すでにおおよその目星はついているはずなので、その馬の過去の戦績を見てどのようなレースでどのような結果を残しているかを確認し、本当に軸馬にしても大丈夫かを検証しましょう。

2着3着に安定して入賞している馬を探す

軸馬を決めたら、次は残りの馬を決めることになります。
残りの馬もできるだけ3着以内に入る可能性が高い馬を選んだほうがよいので、過去の成績を見て、1着にはなれないまでも、安定して2着3着に入着している馬を探してみましょう。

競馬にあまり興味がない人はG1に勝ちまくっている馬しか興味を持たれないものですが、3連単を購入するのであれば、そういった馬だけではなく、安定して馬券の的中範囲内に入着している馬も記憶しておくと、予想が各段にしやすくなります。

オッズをグループ分けしてみよう

もし、2着3着に安定して入っている馬が見つからなければ、別の方法で馬券を買う馬を厳選してみましょう。
厳選する方法のひとつに、オッズをグループ分けするというものがあります。

単勝オッズが出揃ったら、オッズをよく見てみましょう。
すると、ある馬を境にオッズが明らかに変化している場所がいくつか見つかります。
その変化した部分で出走する馬をだいたい4つくらいに分けると厳選がしやすくなります。

あくまでも一例ですが、「5倍以下」「5倍~10倍」「10倍~50倍」「50倍以上」といったグループに分けてみると、出走している間のランク付けが簡単にできます。

単勝10倍から50倍くらいの馬が狙い目

上記の分け方のうち、5倍以下の馬の中から軸馬を決めます。
そして5倍から10倍の馬のなかから、今回のレースで3着以内に入る可能性が高そうな馬を数頭選びましょう。

残りの馬についてですが、4つのグループのうち、「10倍〜50倍」の馬から選ぶのが最適です。
このあたりのランクの馬は、1着になるような決定力はありませんが、レースが行われる競馬場との相性や、ほかの馬たちとの相性が良ければ3着以内に入る可能性は十分あります。

このあたりの馬を見事見極めて馬券に絡めることができるようになると、高額配当を得ることができるでしょう。
そのランクより下の「50倍以上」の馬に関しては、よほどの事が無い限り馬券内の順位に入ってくることはないので、基本的に切ってしまって構いません。

3連単で勝つためにはレースの検証は必須

3連単で勝つためにはレースの検証は必須

買い目に含める馬を選ぶときには、オッズや過去の成績をチェックすることになるでしょう。
しかし過去の成績をチェックするだけで終わりでは、その馬の本質は見抜けません。
3連単は着順まで当てなければ的中とはならないわけですから、予想の精度は極限まで上げておく必要があります。

メモ
G3以上の重要レースの場合、youtubeなどにその時のレースの動画が残っている可能性が高いです。
成績をチェックするだけではなく、実際にレースでどのような走りをしていたのかを見て検証するようにしてください。

たとえば、その馬が前のレースで3着になっていたとしましょう。
しかし、同じ3着でも最後追い上げて3着になったのと、最後に追い抜かれて3着になってしまったのではその意味合いが全然変わってきます。

前者であれば、同じような条件であればもっと上の順位に入る可能性も出てきますが、後者の場合は逆にもっと下の順位になってしまう恐れも十分あります。
このように、レース映像を実際に見ることでその馬の真の実力を知ることができるのです。

買っている馬が全然来ないならば3連単は早すぎる

買っている馬が全然来ないならば3連単は早すぎる

3連単の予想は確かに難しいですが、予想がしっかりできなければいくら買い続けていても当たることは決してありません。

注意
軸馬以外で予想していた馬が2着または3着に入るようであれば、それなりに予想は当たっていると判断しても構いませんが、掲示板に表示される5着以内にすら1頭も入らないようであれば、予想そのものが的外れとなっている可能性が高いです。

何回予想しても、買い目に含めている馬がまったく来ないのであれば、3連単を買うにはまだ早すぎます。
ランクを落として馬単や馬連で予想を鍛えることからはじめるようにしましょう。

3連単を本気で当てるならある程度のお金は必要

3連単を本気で当てるならある程度のお金は必要

3連単はほかの買い方とは比べ物にならないくらい買い目が多いです。
全部の買い目を買うのは無謀ですが、点数で当てられるほど簡単な馬券ではないこともまた事実です。

3連単を本気で当てようと考えているのであれば、すくなくとも10点くらいは購入する必要があるでしょう。
したがって、3連単にチャレンジするためには事前にある程度のお金を準備しておかなければいけません。
このお金はコツコツ貯金して貯めるのもひとつの方法ですが、できれば競馬の配当金で資金を作っておきたいところです。

メモ
3連単より当てやすい馬券でそれなりにプラス収益となるくらいの予想力がなければ、3連単でプラス収益にすることは難しいです。
3連単を購入するための資金を馬券で作れるかどうかは、ある意味3連単で稼げるかどうかの判断基準になるとも考えられます。
的中率が高い競馬予想サイト
グロリア

登録後、60日間全額ポイント返還保証キャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

グロリアの公式ページはこちら

まとめ

3連単は1着から3着までを着順通りに当ててはじめて的中となる馬券です。
3着までに入る3頭を当てるだけではなく、着順も予想しなければならないということもあり、的中させるのはとても難しいですが、その分平均配当はとても高く、頻繁に万馬券が出ている買い方でもあります。

3連単で勝つためにはとにかくレース選びが重要になります。
軸馬を簡単に見つけることができるレースや、出走頭数が少ないレースであれば、それ以外のレースよりも的中はさせやすくなります。
買い目に含める馬はできるだけ3着以内に安定して入着している馬を選ぶようにしましょう。

そういった馬が見つからなければオッズをグループ分けし、軸になりそうな馬を数頭、軸馬には及ばないが3着以内に入りそうな馬を数頭、そして単勝10倍から50倍以内の馬から数頭選ぶようにすると当たりやすいですし、高配当も期待できます。

買い目に含める馬を選ぶ際は、成績の数字を見るだけではなく、過去のレース映像をしっかりチェックして今回のレースでも良い走りができそうかどうかを必ず確認してください。

そして、3連単で勝つためにはある程度の資金が必要です。
その資金はコツコツ貯金しても良いですが、予想力を鍛えるという意味でもできるだけ馬券の配当金で資金を生み出すように心がけましょう。