競馬で勝てない理由を知って負け組から抜け出そう!

競馬の馬券を買っている人たちの話を聞いていると、「当たらない」「勝てない」といった会話が飛び交っています。
この記事を見ている人のなかにもそう感じている人が多いのではないでしょうか。
この記事では競馬で馬券が当たらない理由を紹介し、そこから抜け出すための手段についても解説していきます。

的中率が高い競馬予想サイト
グロリア

登録後、60日間全額ポイント返還保証キャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

グロリアの公式ページはこちら

自分がなぜ勝てないのかを理解できていますか?

自分がなぜ勝てないのかを理解できていますか?

まず、「勝てない」と嘆いている人は、自分の馬券がどうして当たらないか、その原因を理解しているでしょうか。
もし自分の馬券の買い方などを分析して、当たらない理由が理解できているのであれば、問題点を解決していくいことで的中率はアップするでしょう。

そうではなく、ただ単に「勝てない」と思っているだけで漠然と馬券を買い続けているのであれば、そこから抜け出すのはなかなか難しいです。
「勝てない」から抜け出すには、まず当たらない理由を見つけなければいけません。

レースの振り返りができない人は負け組からは抜け出せない

レースの振り返りができない人は負け組からは抜け出せない

「当たらない」状態から抜け出すために真っ先に実行してほしいのが、「レースの振り返り」です。
買ったときはもちろんのこと、特に負けた時に、なぜ当たらなかったのか、予想の出し方のどこが間違っていたのかなど、原因を追求しないと、いつまで経っても当たらない原因を見つける事ができません。
振り返りは確かに面倒な作業ではありますが、これをやらないと負け組からは脱出できないでしょう。

勝てない理由は人によって違う

勝てない理由は人によって違う

勝てない理由はひとそれぞれ違います。
振り返りが面倒だからと、同じ競馬を楽しんでいる人に当たらない理由を聞く人も中にはいますが、相手からのアドバイスだけで自己完結してはいけません。
アドバイスをまったく聞き入れないのも良くありませんが、なかなか勝てない場合は必ず自分自身で理由を探るようにしましょう。

競馬で勝てない人の共通点

競馬で勝てない人の共通点

勝てない理由は人それぞれで、なかにはなかなか解決が難しいものもありますが、競馬で勝てない人にはいくつかの共通する行動があります。
そして、それらは大抵はその行動を見直し、改善していくことによって少しずつですが問題は解決していくものです。
ここでは競馬で勝てない人によく見られる共通点と、それを解決するための方法を解説していきます。

一獲千金を狙おうとする

競馬中継やネットなどでレース結果を見ると、1日のうちに何度も万馬券が出ています。
すると、自分にも万馬券がいつか当たるのではないかと思い込んでしまい、オッズの高い買い目ばかり買っている人はいないでしょうか。

根拠もないのに、オッズの高い馬券ばかりを購入していては、まぐれでも起こらない限り馬券が的中することはないでしょう。
偶然万馬券を的中させたとしても、それまでの馬券代を考えれば大幅なマイナスとなっているケースがほとんどです。

競馬初心者は3連単や3連複は買わないほうがいい

競馬にはさまざまな券種がありますが、しょっちゅう万馬券が出ているのは、「3連単」または「3連複」と呼ばれている馬券です。
しかし、このふたつは1着から3着までを的中させなければならないので、競馬の馬券を買いはじめて間もない初心者がいきなり3連単や3連複の馬券を購入しても出費がかさむ一方です。

初心者は、比較的的中率の高い「単勝」「複勝」「ワイド」のみを購入するようにし、慣れてきて3連単を購入するようにしましょう。
よほど予想に自信がない場合を除いて、夢を買うような馬券の買い方をしないようにするのが「勝てない」から脱出する秘訣です。

重賞レースばかり買う

重賞レース、特にG1レースと呼ばれているレースは、現役最強馬を決めるレースということもあって、とても盛り上がります。
普段は馬券を買わない人も、春から夏にかけてと秋から冬にかけての、いわゆる「G1シーズン」だけは馬券を買うという人も多いです。
ところが、そういった買い方をする人の多くは「勝てない」と嘆いているのが現状です。

重賞レースは実は予想が難しい

重賞レースは獲得賞金や投票で獲得票数が多い競走馬など、出走条件が定められています。
そのため、重賞レースに出場しているというだけで競走馬としての能力はかなり高いです。

人気があまりない馬でも、展開やコース取りさえ上手くいけば、馬券に絡む着順に食い込んでくることがよくあります。
多くの人が注目し、普段馬券を買わない人も馬券を購入するG1レースは当てやすさだけを見ると、かなり的中させにくいレースなのです。

狙うなら出走頭数が少ないレース

本気で馬券を当てるつもりで買うのであればG1レースではなく、出走頭数の少ないレースを探しましょう。
出走頭数が少なくなればなるほど、単純に買い目が減少していくので、その分的中率は高くなっていきます。
出走頭数が少ない分、実力のある馬には人気が集中してオッズが低くなりやすいですが、それでも馬券を的中させ続ければしっかりと利益を出すことができます。

次々にレースを買いまくると勝てない

馬券を購入している人の中には、その日の第1レースから最終レースまで、すべてのレースで馬券を購入するという人もいます。
しかし、このような買い方をしている人で、利益を出している人はほとんどいません。
本気で当てにいくつもりで馬券を購入しているのであれば、その日の全レースの予想を出せるような時間はとてもないでしょう。

買うレースは事前に決めておく

勝てないから脱出するためには、レース当日に気になったレースの馬券を次々に購入するのではなく、事前に決めるようにしましょう。
中央競馬ではレースは土曜日と日曜日に開催されますが、出走する競走馬や枠順、そして騎乗する騎手は木曜日には発表されます。
できれば木曜日中、遅くても土曜日にはどのレースの馬券を購入するかを決めておきましょう。

事前に決めておけば情報収集や買い目を絞るのに時間を使える

事前に自分が馬券を購入するレースを決めておけばレース当日までの時間、予想をするのに必要な情報やデータを収集するのに時間を使う事ができます。
レースが開催される競馬場の特徴や、競走馬の血統やこれまでの競走成績、脚質、調教タイム、騎手との相性など予想をするのに集めておいたほうがよい情報やデータはたくさんあります。

また、時間があれば競走馬の絞り込みにかける時間もそれだけ増えます。
買い目はできるだけ少ないに越したことはありません。
馬券はレースの直前まで購入できるので、天候や馬場状態の確認など含めてギリギリまでよそうには時間を費やしましょう。

勝っても負けても事前に決めたレース以外の馬券は買わない

レースを厳選して直前までしっかりと予想に時間をかければ、少なくとも当日に思い付きで馬券を購入するレースを決めるよりもはるかに的中率は高まります。
とはいえ、競馬には不確定要素もたくさんあるので、予想通りにレースが進まないことも多々あり、時間をかけて予想をしたとしても当たらないという場合もあるでしょう。

すると負けたままで終わるのは嫌だと、ついつい事前に決めているレース以外で気になったレースの馬券を購入してしまいそうになります。
また、見事予想が的中して利益が出ているときも、今日は調子がいいからほかのレースを買っても当たるのではと思ってしまうときもあるでしょう。

しかし、思い付きで馬券を購入するとたいていあまり良い結果にはなりません。
追加で購入したい気持ちは分かりますが、勝っても負けても事前に決めたレース以外の馬券は購入しないようにしましょう。

情報を競馬新聞だけで入手していると当たらない

情報を競馬新聞だけで入手していると当たらない

コンビニや駅、そして競馬場などでは「競馬新聞」が販売されています。
また「スポーツ新聞」にも競馬の予想が掲載されているコーナーがあるでしょう。

それらには出走表が掲載されており、その記事を書いた人や専属の予想屋たちがレース展開を予想したうえで本命とする馬や対抗馬などに印をつけます。
確かに競馬新聞やスポーツ新聞の競馬コーナーにはひととおりの情報は記載されていますが、その情報だけで情報を入手したつもりになり、馬券を購入してもなかなか的中しないでしょう。

的確にレース展開を予想して買い目を絞っていくのであれば、競馬新聞やスポーツ新聞の競馬コーナーの情報だけでは足りません。

データベースなどを活用しよう

ネットには競走馬のデータをまとめているデータベースサイトが複数存在します。
データベースサイトには競走馬のデータだけではなく、騎手のデータや調教師のデータ、果ては生産牧場のデータなどあらゆる情報が網羅されています。
全部を参考にするといくら時間があっても足りないので、必要な情報だけを見るようにしておいたほうがよいでしょう。
「競馬 データベース」と検索するとそれに該当するサイトを簡単に探すことができるので、レース展開を予想したり買い目を絞り込むときに活用しましょう。

レース前以外でも競馬の勉強をしよう

中央競馬のみの馬券を購入している人は、レース後に次のレースの出走馬などが決まる月曜日から水曜日までの間はレースに対してすることは何もありません。

しかし、「勝てない」を本気で解消したいのであれば、この期間を有効活用し、競馬の勉強をするようにしてください。
勝てないを改善していくのは1日2日でできることではありません。
しかし時間をかけて根気よく競馬についての知識をたくさん吸収し、予想の精度を上げていけば必ず勝てないからの脱出に少しずつですが近づくことはできます。

「勝てない」と「当たらない」は全然違う

「勝てない」と「当たらない」は全然違う

競馬の馬券を買っていて悩んでいる人は最終的な利益が出ていない人でしょう。
しかし、「まったく予想が当たらない人」と「予想は当たるけど最終的にマイナスになってしまう」という人では同じ利益がでないにしても意味合いがまったく違ってきます。
「勝てない」よりも「当たらない」のほうが改善するのに時間がかかることは言うまでもありません。

「勝てない人」は買い方を見直す

馬券は的中するが最終的にマイナスになってしまうのは、買い目を増やし過ぎていることが原因です。
コンスタントに的中させているのであれば、予想の仕方としては正しいので、予想をした後に買い目を絞る時間をもう少し増やしてみましょう。

「この馬はもしかすると来るかもしれない」程度で購入している買い目があれば、思い切って切ってしまうのもひとつの手です。
また自信がある買い目は馬券代を増やすのも解決策のひとつです。
とにかく馬券の買い方を何かしら変えなければ勝てないからは脱出できません。

「当たらない人」は予想の仕方を見直す

いっぽう、「当たらない」人は予想の仕方や手段が根本的に間違っている人です。
何回馬券を買ってもさっぱり当たらないという人は、一度馬券を購入するのを休んだほうがよいかもしれません。

そして、競馬についての勉強をしながら、自分のこれまでの予想の仕方を振り返りどこが良くなかったのかを認識しましょう。
悪かったところを認識し、改善しなければいつまで経っても「当たらない」から脱出することはできず、その状態で馬券を買っても出費が増えるだけですし、心の底から競馬を楽しめなくなります。

「勝てない」「当たらない」から脱出するには記録をつけよう

「勝てない」「当たらない」から脱出するには記録をつけよう

競馬に費やしたお金の収支や、これまでの予想の仕方などを振り返るのに頭の中に記憶しておくだけでは不十分です。
競馬でしっかりと利益を出している人はほとんど自分が購入したレースについて毎回記録しています。

レース名や購入した馬券の券種、馬券代や配当金などを記録しておくことで段々と自分の馬券の買い方などについて傾向が見えてきます。
傾向を把握しておくと、自分の得意分野が分かるようになりますし、当たらないという人の場合は自分の悪かったところを見つけるための手がかりになります。

予想サイトの活用も検討しよう

予想サイトの活用も検討しよう

色々と振り返りをしたり、試行錯誤を繰り返してもなかなか当たらないという場合は、思い切って競馬予想サイトを活用するというのもひとつの手です。
競馬予想サイトでは、専属の馬券師が独自の情報網を得たデータをもとに買い目を予想し、公開しています。

競馬予想サイトにもさまざまあり、なかには素人同然の予想を公開していてさっぱり当たらないようなところもありますが、優良サイトの場合はコンスタントに馬券を的中させています。
予想の情報を得るのにお金が必要なのではないかと利用を躊躇する人もいるかもしれませんが、競馬予想サイトへの登録は無料でできますし、多くのサイトでは毎週「無料予想」を公開しており、無料予想は会員であれば誰でもお金を支払わずに見る事ができます。

サイトによっては無料予想でもどのような予想をしたのか「見解」が書かれているところもあるので、それを読むだけでもとても勉強になるでしょう。
無料予想通りに馬券を購入したり、自分なりのお金をかけずに同じレースを予想してみて予想サイトと比較し、レースを観戦して振り返りをするなど、活用の仕方はさまざまです。

的中率が高い競馬予想サイト
グロリア

登録後、60日間全額ポイント返還保証キャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

グロリアの公式ページはこちら

まとめ

馬券の「勝てない」から脱出したいのであれば、何故勝てないのか原因を探り、解決策を見つけ出す必要があります。
当たらない原因は人それぞれですが、高いオッズの馬券ばかりを購入していたり、レースを選ばずに手当たり次第に馬券を買っていたり、予想するために集める情報が少ないなどいくつかの共通点があります。
それらをひとつひとつ時間をかけて解決していけば、少しずつではありますが当たらないから脱出できるでしょう。

もし自分でどうにもならないなった場合は、ネット上の「競馬予想サイト」を活用することも検討してみてください。
優良競馬予想サイトは確かな情報をもとにして予想を出していますし、「見解」を公開しているところもあるので、見解を読むだけでもとても勉強になるでしょう。