WIN5で予想を的中させた芸能人を紹介!当たった買い方から見えるコト

WIN5で予想を的中させた芸能人を紹介!当たった買い方から見えるコト

「WIN5 って芸能人も的中させられているの?」
「芸能人は WIN5 に参加する時どんな買い方をしているの?」
「WIN5 で高額配当を獲得した芸能人って誰?」

このページを訪れたあなたは、以上のような疑問を抱いているのではないでしょうか。
今回は、WIN5 で予想を的中させたことがある芸能人をメインに紹介しつつ、内容を検証しながら当てるための買い方を探っていきます。

これから WIN5 を買おうと思っている方や、WIN5 で勝った経験がないという人は是非、参考にしていただければ幸いです。

回収率が高い競馬予想サイト

9月18日中山9R「クレイジー3」プランで投資額4,000円→901,150円(1,802.3倍)の払い戻し!
今なら無料登録で10月2日(日)スプリンターズS[GⅠ]の買い目がみれる!

無料登録でスプリンターズS[GⅠ]の予想をみる

高額当選で有名なインスタントジョンソンじゃい

インスタントジョンソンじゃい(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2OeRA6mV5tA)

普段から WIN5 以外の券種でも万馬券をよく当てており、競馬界では予想家として名の知れているお笑い芸人、インスタントジョンソンの “じゃい” こと渡辺隆浩さん。

じゃいさんは、WIN5 と芸能人をセットで語るにあたっては外せない人物で、必ず名前が挙がるほどの強烈な実績を持っています。

芸能界における競馬の高額配当トップ3 が全て彼の的中実績であり、生涯獲得賞金も 1億5000万円を超えると言われるくらいですからね。
まずは、じゃいさんの WIN5 における実績から見ていきましょう。

一千万馬券の的中経験が 2度もある怪物

じゃいさんには、WIN5 で一千万馬券を 2度も的中させた経験があり、怪物級と言っても差し支えない実績を誇ります。
1度目の高額当選は 2012年12月24日に行われた第91回の WIN5 で、なんと払い戻し金額は 37,752,700円でした。

一千万馬券にもなる高額当選としては、単勝人気順合計が 22 とかなり低かったのですが、的中させたのは僅か 18人だったためこれほどの金額になりました。

ここで注目してほしいのは、もし高額当選だけを狙っている人の場合、単勝人気順合計が低くなりそうな買い目は選ばないはずだということです。

第91回はたまたま大穴無しで高額当選になりましたが、単勝人気順合計が 20 前後では一千万馬券にならないことのほうが多いため、大きな当たりだけを追い求めているなら買い目の候補から外すところかと思います。

その点、じゃいさんは高額当選ありきで買い目を考えているというより、レース予想ベースでしっかり当てに行っていると言えそうです。

2度目の高額当選は 2014年1月12日に行われた第147回の WIN5 で、1レース目の 11番人気優勝と 2レース目の 9番人気優勝で早々に 99.7% の人が振るい落とされ、最終的な的中者も 11人となる大波乱の WIN5 でした。

この中でもじゃいさんはしっかり全てのレースで予想を的中させ、44,329,120円という高額の払い戻しを得ています。

1度目の高額当選が比較的堅実な買い目だったのに対し、こちらは大穴を絡めた波乱含みの結果で当てており、総じて予想の地力が高いことをうかがえる内容です。

毎週 10万円と噂される馬券購入金額に疑問の声もあるが…

じゃいさんは、WIN5 の馬券購入金額として毎週 10万円前後を当てているのではないかと言われており、実際に 2019年1月13日放送の馬好王国では、馬券代として 12万円を使っていたようです。

その買い方について、一部では「10万円も賭けていれば的中して当然」と批判を受けることもあるようですが、正直なところ WIN5 の特性を考えれば決して多くはありません。

10万円を賭けているということは買い目にして実に 1,000点ですが、一般的に三連単でも買い目を 100点以内に絞ることが難しいと言われる中、WIN5 は三連単に輪をかけて予想困難な券種なので、1,000点の購入も止むを得ないかと思います。

WIN5 は、1万円も出さずに高額当選が狙えるほど甘い券種ではないのです。
中には 300万円も賭けたのに外れたという人も見られますが、WIN5 の買い目パターンが 100万通りに膨らむ回もあることを考えれば、何ら不思議ではない話です。

じゃいさんのように 2度以上の一千万馬券を目指すのであれば、よほどの予想力か潤沢な軍資金は必須であることを抑えておきましょう。

明日花キララは大人買いで 1ヶ月に 2度の当選

明日花キララ(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=peMYHvDoRnU)

セクシータレントとしてテレビや YouTube を中心に活躍している明日花キララさんは、2015年から馬券の購入を始めた競馬愛好家で、自身の SNS にアップロードする凄まじい馬券の買い方が話題となりました。

そんな彼女は、WIN5 で 1ヶ月に 2度というハイペースの当選を、YouTube の企画動画において成功させたことで有名です。
その原動力となっていたのは、トリガミをも一切恐れない “大人買い” と呼ばれる買い方でした。

一般人には考えられない賭け方で勝利をもぎ取った

「とりあえず馬 1頭に 30万円とか突っ込む」と本人も YouTube で語るほど、明日花キララさんは競馬を始めた頃から大人買いで有名です。

YouTubeチャンネルの「フジテレビ みんなのKEIBA」で自身初の WIN5 へ挑んだ際にも、1レース目で 8頭、その他で 5頭ずつ選んだ 5,000通りもの買い目で 50万円を賭けています。

企画動画ながら自腹で購入したとのことで、さすが普段から躊躇せずに 30万円を賭けるだけある賭け方で、一般人には到底考えられないものでしょう。

ただ、そこまで賭けても平気で外れる WIN5 において、1ヶ月で 2度の当選を果たしているのは素晴らしい実績だと言えます。
1度目の的中は 2020年11月1日開催の第523回で、全てのレースにおいて人気馬が優勝するという堅すぎる結果でした。

そのため、当選者は 22,548人にもなって払い戻し金額は 30,830円となり、明日花キララさんは 50万円を賭けていたためトリガミとなっています。

三連単など、他の券種であればトリガミを避ける手段は幾らでもあるのですが、WIN5 は合成オッズの調整が事実上不可能に近いため、このような結果も仕方ないでしょう。

しかし、そこから 1ヶ月も経たない 2020年11月29日開催の第528回では、同じく 50万円を賭けて 3,155,170円の高額配当を獲得しています。
この時は、大穴こそ絡まなかったものの的中人数が 212人と少なめで、発売金額は高かったため高額配当でした。

50万円を賭けるのはオススメできないが理想的ではある

さすがに、一般的なサラリーマンの給料を考えると 1回で 50万円も賭けてしまうのはオススメできませんが、実際これくらいしないと当たらないので理想的ではあります。

2022年に入ってから 5月8日までの平均配当額を見ると 500万を超えているので、明日花キララさんのように 50万円ずつ賭けていたとしても意外に回収が見込めるのです。

じゃいさんの例と同じく、軍資金さえ用意できるなら 10万円以上の予算で臨むのが、WIN5 の基本と言ってしまってもいいかと思います。

様々な WIN5 の賭け方を芸能人から学ぶ

様々な WIN5 の賭け方を芸能人から学ぶ

ここまで紹介したじゃいさんや明日花キララさんも合わせて、WIN5 を的中させた芸能人は 10人ほどいます。

WIN5 が開始から 11年ほどの券種であることを踏まえると、芸能界からは WIN5 の勝者が 1年に 1人のペースで出ているということです。

内容に目を向けると、WIN5 を的中させた芸能人の買い方はまさに十人十色で、一般の競馬愛好家から見ても学ぶべき点は多いと感じたので紹介していきます。

DAIGO はキャリーオーバー回を狙い撃ちで収益を確保

ロックバンド BREAKERZ のボーカルとして知られ、今やバラエティ番組にも引っ張りだこの DAIGOさんですが、生放送の番組で WIN5 を的中させたことがあります。

対象となったのは第508回、2020年7月26日の WIN5 を当日に生放送されていた「みんなのKEIBA」内で、人生初となる WIN5 的中を決めて 816,800円の払い戻しを獲得したのです。

DAIGOさんは、第507回でキャリーオーバーが発生したことに着目して第508回に賭けたと語っており、買い目も広く構えて臨んだと言います。

実際には第507回のキャリーオーバー額が 5億円近かったこともあり、発売金額が約 34億円まで膨れ上がったため、配当金額へのキャリーオーバーによる影響はかなり薄れてしまいました。

ただ、キャリーオーバーがある回は他より期待値が確実に高くなっているのですから、そのような回を狙って賭けるのは理にかなっています。

WIN5 が開催される度に賭けられるほどの軍資金が無いという人は、キャリーオーバーがある回に絞って参加するのも良いでしょう。

競馬仲間とのグループ購入で WIN5 を買う芸能人も多い

WIN5 を的中させたという芸能人の中には、同じく競馬好きの芸能人と一緒にお金を出し合って WIN5 に賭け、報酬も山分けというスタイルを取っている人が結構多いです。

このようなグループ購入で最も高額と思われる当選は、2014年5月25日に小藪千豊・月亭八光・お笑いコンビ千鳥のノブ・宇都宮まきの 4人で参加した第166回の WIN5 で、この時は 8,725,390円の払い戻しを獲得しています。

買い目点数は不明ですが、4人で山分けしても 200万円強を獲得したことになるので、かなり儲けられた可能性が高いでしょう。

女優の矢部美穂さんも、競馬友達 2人とのグループ購入で第103回の WIN5 を的中させ、5,626,850円の払い戻しを獲得しています。

このように、WIN5 を的中させるには多額の軍資金が必要になるという問題点を、複数人でお金を出し合って解決する方法はかなり有用です。

買い方にもよりますが、1人当たり数万円程度の軍資金で抑えつつ、当たれば 100万円以上のリターンを見込めることも多いと思います。

ただ、よほど気心の知れた競馬仲間でなければ買い目の意見が合わないことも多く、実際に小藪千豊さんのグループでも買い目に関して相当な論争が発生したそうです。
くれぐれも、「WIN5 が原因で仲たがいした」などということが無いように気を付けてくださいね。

WIN5 は負けを覚悟で賭け続けられるのがベスト

特殊な例ですが、タレントの優木まおみさんは 2012年7月1日に出演したテレビ番組「みんなのKEIBA」にて、WIN5 の予想だけして購入はしていなかったが的中していたことがありました。

この時の第64回 WIN5 は払い戻し金額が 3,163,270円であり、優木まおみさんも悔しさを露わにしている様子でした。

WIN5 はそうそう当たらないうえ軍資金もバカにならないので、自信の持てないレースは予想したけど見送るという人も多いと思います。

しかし WIN5 ほどの高額配当になると、予想だけして買っていなかった時のショックは計り知れないため、できれば軍資金が許す限り毎週賭け続けたいところです。
どうしても予算的に参加の難しい回があるなら、最初から予想もせずに見送ったほうが良いかと思います。

WIN5 で勝った経験が無い意外な芸能人も多い

普段から競馬の話になるとよく名前が出る人なのに、WIN5 で勝ったという報告が出ていないという意外な芸能人は少なくありません。

競馬やボートレースに 10億円は賭けてきたと豪語する屈指の競馬愛好家の徳光和夫さんや、芸人屈指の競馬好きで自身の YouTubeチャンネルをも競馬に染めるジャングルポケットの斉藤慎二さんも、WIN5 の的中報告が無い芸能人です。

もちろん、WIN5 を重視せずに買っていない芸能人が多いことも事実なのですが、それを抜きにしてもここまで当選報告が少ないのは、やはり WIN5 が難しいことを示していると言えます。

回収率が高い競馬予想サイト

9月18日中山9R「クレイジー3」プランで投資額4,000円→901,150円(1,802.3倍)の払い戻し!
今なら無料登録で10月2日(日)スプリンターズS[GⅠ]の買い目がみれる!

無料登録でスプリンターズS[GⅠ]の予想をみる

芸能人の成績から見える WIN5 の厳しさ

WIN5 で買い目を的中させた芸能人を中心に、様々な観点からその買い方を見てきましたが、簡単にまとめると以下のようになります。

・高額配当を現実的に狙っていくなら予算は 1回につき 10万円以上を確保すべき
・ここ半年ほどの平均配当は 500万円を超えているので回収も十分に望める
・キャリーオーバー回は確実に期待値が上がっているのでチャンス
・気心の知れた競馬仲間がいるならグループ購入で軍資金を節約する方法も有用
・予算が無くて賭けられない回は予想もせず見送るのが精神的にも良い

WIN5 について様々な芸能人の賭け方を見てきましたが、重要なポイントと言えるのはこれら 5点になるでしょう。

WIN5 は、高い予算で賭け続けられる潤沢な軍資金が必須で、かつ中々当たらないために相当な辛抱が要求される券種となっています。

毎週のように 10万円賭けるような人がいる芸能界において、1年に 1人しか当選者の報告が無いことからも厳しさは明らかで、いち競馬ファンが WIN5 を的中させるのは至難と考えていいでしょう。