umacaシートとは?値段や予約方法、使い方について徹底解説!

umacaシートとは?値段や予約方法、使い方について徹底解説!

2023年になって新型コロナウィルス感染症による制限がほぼなくなり、競馬場も一般入場の場合は抽選などの制限が一切無くなり、コロナ禍前と同様、当日に入場券を購入して入場できるようになりました(G1レース開催日の開催競馬場は事前に予約購入した人のみ入場可能)。

しかしそれに伴って重賞レースになると非常に多くの人が訪れるため、席を確保するのも一苦労です。
もし混雑を気にせず確実に席を確保したいのであれば、有料にはなりますが指定席を事前に購入しておいた方が賢明です。
指定席にはいくつかの種類がありますが、その中のひとつumacaシートについて詳しく解説します。

回収率が高い競馬予想サイト
3月3日(日)ディープインパクト記念[G2]

2月25日中山11R「Team赤兎馬[重賞専用]」プランで4,800円 →1,084,100円(225.8倍)の払い戻し!
今なら無料登録で3月3日(日)ディープインパクト記念[G2]の買い目がみれる!

無料でディープインパクト記念の予想をみる

umacaシートとは?

umacaシートー中山競馬場(引用元:JRA)

早速umacaシートがどういう席なのか説明していきます。

umacaシートとは
各競馬場および場外馬券売り場(ウインズ)に設けられている有料指定席のひとつです。

umacaというのはJRAが販売しているキャッシュレス投票ICカードで、umacaシートは、umacaカードを使うことができる指定席だと認識しておけば良いでしょう。

umacaシートを設置している場所を紹介

umacaシートを設置している場所を紹介

umacaシートが設置されているかどうかは、各競馬場の公式サイトで確認可能ですが、本項目で設置している場所について紹介します。
まずumacaシートを設置している競馬場は以下の通りです。

umacaシートを設置している競馬場
・東京競馬場
・中山競馬場
・阪神競馬場
・京都競馬場
・福島競馬場
・中京競馬場
・新潟競馬場

また、umacaシートが設置されているウインズは、以下の7か所となっています。

umacaシートを設置しているウインズ
・ウインズ札幌
・ウインズ新白河
・ウインズ汐留
・ウインズ新横浜
・エクセル浜松
・ウインズ名古屋
・ウインズ梅田

まだ全競馬場、全ウインズに設置されているわけではありませんが、umacaの利用者が増えていけばそれに比例してumacaシートを設置する施設も増えていくことでしょう。

umacaシートでできる事

umacaシート(引用元:JRA)

umacaシートではどのようなことができるのでしょうか。
本項目ではumacaシートで座ったままできることについてまとめました。

その場で馬券を購入できる

umacaシートはumacaを所有している人だけが利用できる有料指定席です。
したがって、umacaカードを使って馬券を購入することができます。
購入できるレースは以下の通りとなっています。

umacaカードで購入できるレース
・当日のJRA全レース
・前日発売レース(重賞など)
・WIN5
・海外競馬

umacaはJRAが出しているカードなので、地方競馬の馬券を購入することはできませんが、中央競馬の馬券に関してはすべての馬券が購入対象になっているので、座席から立ち上がることなくその場で馬券を購入できます。

投票する端末には7「手のひら静脈認証」が採用されているのでセキュリティ面もかなり強固になっているといえるでしょう。
umacaシートならば安心して馬券を購入することができます。

現在はネットでも馬券購入が可能になっているので、その場で馬券を購入できることに関してはそこまでメリットがないように思えるかもしれませんが、G1レースのレース直前になるとネットへのアクセスが集中して馬券を買いたいのにネットに繋がらないといった状況になってしまう恐れがあります。

ならば直接券売機で馬券を購入すればよいと思うかもしれませんが、レース直前は当然馬券売り場も混雑するので、ネット投票と同じように馬券を購入できないといった状況に陥ります。

しかしumacaシートであれば端末を使って直接馬券を購入するので、ネットの状況に関係なくレース直前でも確実に馬券を購入できるというのは大きなメリットといえるでしょう。

オッズ情報の確認とライブ動画の視聴

座席の端末では「JRA-VAN」と「JRAレーシングビュアー」という2つのサービスを利用することができます。
JRA-VANに関してはネット競馬を利用している人にとっては既にお馴染みのサービスで、誓っているという人も多いのではないでしょうか。

JRA-VANには様々な有料サービスがあり、それらの有料サービスに加入している人はumacaシートに座った状態でデータの閲覧やAI予想などをチェックすることができます。
一方のJRAレーシングビュアーについては初めて名前を聞いたという人も多いかもしれません。

一応JRAレーシングビュアーのコマーシャル放送もしているのですが、放送しているのはグリーンチャンネルのみであり、地上波では放送されていないためです。

JRAレーシングビュアーはJRAの公式動画サービスです。
現在はYouTubeなどで競馬のレースを楽しめるようになりましたが、JRAレーシングビュアーは独自のサービスを提供して差別化を図っています。
JRAレーシングビュアーでは以下の動画を配信しています。

JRAレーシングビュアーで配信されている動画
・レース映像
・パドック映像
・重賞・新馬の調教動画
・G1競走インタビュー
・武豊騎手の重賞映像
・武豊騎手のデビュー映像
・重賞競走のパトロールビデオ
・2歳馬の牧場映像

このうち、調教動画、パトロールビデオ、2歳馬の調教映像はほかの媒体ではなかなか観ることができないJRAが配信している動画サービスならではの特典といえるでしょう。

そのほかにもJRAレーシングビュアーではさまざまなレース映像を観ることができます。
中でも一番の目玉が過去のレースを好きなだけ無料で観ることができるというサービスではないでしょうか。

JRAレーシングビュアーでは、「2002年以降の中央競馬全レース」と「1984年以降の全G1レースの映像」を視聴することができます。

流石にYouTubeといえども2022年以降の中央競馬全レースを動画公開してはいませんし、G1レースに関しても有名なレースであればかなり昔のレースの動画を観ることができますが、1984年以降の全G1レースの全映像を観ることはできないのではないでしょうか。

さらに全レースでレース映像とパトロール映像を切り替え可能なのはJRAレーシングビュアー独自のサービスです。

また、レース予想をする際に関しても、パドックを座席に座ったまま好きなだけチェックできるというのは非常に大きなメリットとなっています。
パドックではレース直前の競走馬の馬体や動きを見ることができるので、現時点で競走馬の状態をリアルタイムでチェックできます。

どのような状態ならばどう判断すればよいかに関しては、何度もパドックを見て慣れていくしかありませんが、ほかの競走馬よりも発汗していればレースではあまり走ってくれないことが多いといわれています。

JRAレーシングビュアーの登録は、公式ホームページから簡単に出来るので、これまでの説明を見て気になった人はチェックしてみてください。

umacaカードの発行

umacaカードが無ければumacaシートの機能を利用できませんが、umacaカードがない人でもumacaシートを購入しても何の問題もありません。
umacaシートではその場でumacaカードを発行できます。

カード作成はとても簡単で、ニックネーム、生年月日、暗証番号、静脈等を登録するだけでカードが発行されます。
カードのデザインも2023年時点で3種類のなかから選ぶことができるので、好みのデザインを選択してください。

umacaカードをumacaシートで発行すれば、すぐにumacaシートの機能を最大限活用することができます。

umacaシートの料金について

umacaシートの料金について

umacaシートの料金に関しては競馬場やウインズごとに異なるので、各施設ごとの料金については各施設の公式サイトで確認してもらいたいですが、料金としては平均3,000円くらいだと考えておけばよいでしょう。

3,000円支払って1日快適に競馬を楽しむことについて、高いと見るか安いと見るかはひとそれぞれですし、現地の熱気を肌で感じたいという人に対しては指定席はあまりおすすめできるものではありません。

しかし、初めてG1レースを現地で観戦するという人には、まずは指定席で快適に観戦することをおすすめします。
指定席を確保できていれば、自由に競馬場内を探索することもできますし、疲れたら座席で一服することができるというメリットもあります。

3,000円という投資が必要ではありますが(umacaシート以外ならばもっと安価で座席を確保できるところもあります)、投資に見合った良い体験が得られることでしょう。

重賞レースがある日は事前予約がおすすめ!

重賞レースがある日は事前予約がおすすめ!

2023年になってコロナ禍前の制限に戻っていますが、umacaシートをはじめ指定席に関しては事前に予約した人しか利用できなくなっています。

一般席に関しても先ほども紹介した通り、G1レース開催日にG1レースを実施する競馬場に関しては、指定席、一般席共通で事前にネット予約した人のみ入場が可能です。

G1レースではなかったとしても、重賞レースの競馬場はそれなりに入場者が多くなるので、一般席・指定席に関わらず事前に競馬場に行くことを決めているのであれば、ネット予約をしておくことを推奨します。

umacaシートは座席でゆっくり競馬を楽しみたい人におすすめ!

umacaシートは座席でゆっくり競馬を楽しみたい人におすすめ!

umacaシートで出来ることを見てもわかるように、umacaシートではレースの馬券を購入できるだけではなく、競走馬や騎手のデータ、パドック、そしてレース映像を視聴することも可能なので、umacaシートに座ればそこから動くことなく競馬を満喫することができます。

umacaシートの位置はコースから離れている場合が多いので、間近で大迫力のレースを楽しみたいという人にはあまり適していないかもしれません。

umacaシートはレースの観戦は最低限でも良いので、とにかく予想屋投票を誰にも邪魔されず集中しておこないたいという人に最適な指定席と言えるでしょう。

umaca会員限定の無料シートもあり

UMACA会員専用無料席2階UP-Seat(引用元:JRA)

これまで紹介したumacaシートは有料の指定座席ですが、実はumacaが使える無料のシートも存在します。

「UP-seat」という名称で、現在は中山競馬場にしか設置しておらず、なかなか利用できる環境にある人は少ないかもしれませんが、umacaカードを持っている人は積極的に利用すると快適に中山競馬場での時間を過ごすことができるでしょう。

回収率が高い競馬予想サイト
3月3日(日)ディープインパクト記念[G2]

2月25日中山11R「Team赤兎馬[重賞専用]」プランで4,800円 →1,084,100円(225.8倍)の払い戻し!
今なら無料登録で3月3日(日)ディープインパクト記念[G2]の買い目がみれる!

無料でディープインパクト記念の予想をみる

まとめ

umaca シートは、JRAが発行しているキャッシュレス投票カードである、umaca カードを使用できる指定席で、2023年時点で7つの競馬場と7ヶ所のウインズに設置されています。
umacaシートで利用可能なサービスは以下の通りです。

umacaシートで利用可能なサービス
・umacaカードを使っての馬券購入
・JRA-VANとJRAレーシングビュアーの利用(データチェックやレース映像・パドック等の視聴)
・umacaカードの即日発行

その場での馬券購入はネット投票でも可能ではありますが、G1レースになるとレース前には投票が殺到してサーバーがパンクし、あまりにもギリギリだと馬券が買えない可能性もありますが、umacaを使っての馬券購入ならばそのような心配もありません。

umacaシートの料金は施設によって異なりますが、だいたい3,000円くらいです。
シートの位置はコースから離れていることが多いため、座席に座りながら迫力のレースを楽しむことは難しいですし、競馬場での過ごし方によっては3,000円という料金は高いと感じるかもしれません。

umacaシートは直近でレースを観ることは特に望んでいない、とにかく予想や馬券購入に集中したいという人に適した座席と言えるでしょう。

また、中山競馬場限定ではありますが、umaca会員が利用できる「UP-seat」という無料座席が設置されています。