吉馬(きちうま)という競馬予想サイトを徹底検証!無料予想は本当に的中するのか?

吉馬(きちうま)という競馬予想サイトを徹底検証!無料予想は本当に的中するのか?

競馬の馬券を購入した人で「競馬予想サイト」を利用したことがある人はいるでしょうか。

競馬予想サイトとは、当日または前日のレースを予想し、サイト内で買い目などを公開している競馬関連サイトで、賢く利用すれば自分で一切利用することなく馬券を購入し、利益に結び付けることができます。

本記事では「吉馬(きちうま)」という競馬予想サイトについてサイトの内容を検証し、実際に提供されている予想が的中しているのかどうかについても調べてみました。

回収率が高い競馬予想サイト
アーニングインデックス チャンピオンズカップ予想

11月27日阪神1R「フルペイメント」プランで589,300円(1,178.6倍)の払い戻し!
今なら無料登録で12月4日(日)チャンピオンズカップ[GⅠ]の買い目がみれる!

無料でチャンピオンズCの予想をみる

吉馬(きちうま)とは

吉馬

吉馬は、WEB競馬新聞を掲載している競馬関連サイトです。
競馬新聞は駅のキヨスクやコンビニなどで見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

競馬新聞にはレースの「出馬表」や記者の予想が記載されていますが、もちろんタダでもらえるわけではなく、数百円必要です。

しかし「吉馬」に掲載されている情報はサイトにアクセスしさえすれば、いつでもどこでも無料で読むことができます。

しかも会員登録の必要もないので、人数制限もありません。
しかしながら掲載されている情報はとても詳しいものとなっているので、吉馬のアドレスさえ知っておけば競馬新聞を購入する必要はないといっても過言ではありません。

本記事では吉馬の「地方競馬版」について詳しく解説しますが、吉馬には中央競馬版もあります。
中央競馬版のリンク先を添付しておくので、気になる人は一度覗いてみてはどうでしょうか。

参考 吉馬 中央競馬版 無料の中央競馬WEB競馬新聞

サイトに関する情報は一切なし

サイトに関する情報は一切なし

競馬予想サイトには、たいてい「特定商法に関する表記」又はそれに準ずるページが設けられていて、そのページにアクセスすると運営会社の所在地や連絡先などをチェックすることができます。

このページの情報が不足している、あるいは虚偽が見られる競馬予想サイトは利用するべきではありません。
しかし吉馬には特定商法に基づく表記に該当するようなページは一切見受けられませんでした。

課金要素が無いので情報がない事は問題なし

課金要素が無いので情報がない事は問題なし

特定商法の表記がない英場予想サイトは利用しないほうがよいと先に説明しましたが、では吉馬がまったく利用価値がないサイトなのかといえば、決してそのような事はありません。

多くの競馬予想サイトが特定商法にも続く表記を記載するのは、「有料情報」という金銭のやり取りが発生する情報を扱っているためです。
金銭のやり取りが発生する以上、利用者に対しては健全な運営をしているサイトであることを提示する義務があります。

しかし吉馬に関しては、少なくともサイト内で金銭のやり取りが行われるような情報は取り扱っていません。
したがって、特定商法に基づく表記が無かったとしても、特に問題はないのです。

地方競馬について基本的な説明が書かれている

地方競馬について基本的な説明が書かれている

「地方競馬に投票しよう!」というページにアクセスすると、地方競馬がどういったものかという基本的な情報がまとめられています。

また、地方競馬の魅力についても存分に書かれているので、近くに地方競馬場がある人ならば思わず足を運んでみたくなることでしょう。

吉馬の無料予想をチェック

吉馬の無料予想をチェック

吉馬の無料予想がどのように記載されているかチェックしてみましょう。
掲載されている情報がとても多いため、重要と思われるポイントに絞って詳しく解説していきます。

出馬表は競馬新聞と見た目がよく似ている

最初のほうにも少し触れている通り、吉馬に掲載されている情報は一件するとコンビニなどで販売されている「競馬新聞」とよく似ています。

馬番、出走馬名、血統、直近5レースの成績など、予想に必要と思われる情報は漏れなく網羅されているので、出走馬の情報をチェックしたいという人は吉馬の出走表を見れば十分でしょう。

出走表の右上にはレースの賞金が記載されているのも興味深いです。
ちなみに地方競馬の最低ランクレースは1着になっても賞金が100万円以下ですが、中央競馬だと未勝利戦でも1着賞金が520万円と桁違いであり、資金力の圧倒的な差を思い知らされます。

そのほか、特に注目しておいてほしいページが3つあるので、順を追って解説していくので、レースを予想する際の参考にしてみてください。

SP履歴

「SP履歴」というページには、「スピード指数」が記載されています。
このページには過去5走のスピード指数が記載されていますが、スピード指数の知識があまりない人はどのように見れば良いかよく分からないでしょう。

そういった場合、今回のレースと同じ競馬場、同じ距離を走った経験があるかに注目してみてください。

今回のレースと同じ距離、同じ競馬場で走った経験があり、なおかつ数値が高ければ、前のレースで買い着順であっても、今回は好走してくれる可能性が高い競走馬です。

ただしあくまでも可能性が高いというだけであり、展開次第で今回のレースも凡走となってしまう場合があることだけは頭に入れておいてください。
SP履歴は主に隠れている穴馬を探すのに使います。

ランク

スピード指数を見てもイマイチ優劣が付けられないという人は、次の「ランク」をチェックしましょう。
このページには吉馬が総合的に判断した各競走馬のランク付けがなされています。

AランクやBランクの馬は単純に今回の出走馬のなかで総合能力が優れている馬だと思えば良いでしょう。

ただし、これはあくまでも吉馬が独自に収集したデータによるものなので、このランクが本当のランクかどうかは定かではありません。
あくまでも買い目を決める基準の一つとして活用しましょう。

推奨

「推奨」はもっと分かりやすく、吉馬が推している競走馬が一目で分かるような一覧表になっています。
色々とデータを見るのが面倒だという人は、この「推奨」のページと、右の「本紙の英断」「ビクトリーロード」を見るのが一番手っ取り早いです。

「本紙の英断」と「ビクトリーロード」が最終的に吉馬が提示している予想なので、この予想から順に遡ってデータを見ていくという使い方をしてみてもよいでしょう。

吉馬の予想が当たっているかを検証

吉馬の予想が当たっているかを検証

吉馬の出している予想が本当に的中しているかどうかを検証してみました。
検証したのは2022年8月4日、川崎競馬場と園田競馬場で開催された全レースです。

吉馬では馬連や3連単に関しては推奨買い目も公開されているので、公開されてる券種に関しては買い目通りに馬券を購入したと仮定して的中しているかどうかを判定することにしました。

予想が出されていない馬券に関しては印の馬番が結果に含まれていれば的中とします。
単勝については◎の馬が1着だった場合にのみ的中と判断しました。

予想①

まずは川崎競馬場の全レースを検証しました。
ところが第3レースと第4レースの予想が無かったので、この2レースについては省略しています。

レース 結果 単勝 複勝 ワイド 馬連 馬単 3連複 3連単
1 9-4-8
2 2-3-6
5 5-3-2
6 2-4-6
7 12-11-4
8 8-12-3
9 6-2-3
10 5-11-2
11 5-6-2
12 12-10-11

検証結果ですが、お世辞にもこの日の川崎競馬に関しては良い成績とは言えないような結果となりました。

すべての馬券が的中している第11レースですが、7頭立てのレースなうえ1番人気から3番人気がそのまま着順に入っており、予想が容易なレースであったことが要因です。

予想②

続いて園田競馬のレース結果と的中・不的中の検証です。

レース 結果 単勝 複勝 ワイド 馬連 馬単 3連複 3連単
1 2-7-4
2 1-2-5
3 10-1-8
4 3-6-5
5 2-9-8
6 2-1-4
7 1-8-4
8 8-2-5
9 11-10-12
10 10-8-1
11 10-5-1
12 11-7-12

園田競馬に関しては、川崎競馬よりは全体的に的中率がアップしているという印象です。
ただし園田競馬は最大出走頭数が川崎競馬場よりも少ないため、単純比較するのは難しいため、的中率に関してはさほど大きく上昇しているわけではないというのが 現状でしょうか。

回収率が高い競馬予想サイト
アーニングインデックス チャンピオンズカップ予想

11月27日阪神1R「フルペイメント」プランで589,300円(1,178.6倍)の払い戻し!
今なら無料登録で12月4日(日)チャンピオンズカップ[GⅠ]の買い目がみれる!

無料でチャンピオンズCの予想をみる

まとめ

吉馬は、コンビニなどで売られている競馬新聞を模した詳細な「出馬表」がウリの競馬予想サイトです。

スピード指数やランク付けなど、吉馬独自に出走馬を評価しているので、無料でありながら売られている競馬新聞よりも詳細な情報を収集することができます。

そして、「本紙の英断」と「ビクトリーロード」にて最終的な買い目を提示しているので、自分の出した買い目と照らし合わせてみても良いですし、提示されている買い目をそのまま購入するのも良いでしょう。

的中率に関して検証をしてみましたが、特筆して的中率が高いわけでも、全く当たらないというわけでもなく、何とも判断が難しい結果となりました。

予想はそのまま利用するに値するとは流石に言えませんが、レースに関する情報に関しては一級品なので、レース前にデータをチェックするにはもってこいのサイトです。